「看護師」の悩み。人間関係の情報に強い転職サイトのオススメは・・・

看護師転職

 

看護師転職サイトについて

こんにちは、う”ぇるです。

ツイッターを初めたばかりではありますが、様々なツイートを目にしてきました。

看護師を続けている人はう”ぇる氏自身とても勉強になるツイートだったり、中には看護師を辞めて企業した人もいました。

そして何よりも一番多かったのが、病院を辞めたい、転職したいという声がとても多く、特に1~2年目看護師が多く見られるように思えます。

確かに慣れない環境の中でたくさんな事を覚えていかなくてはなりません。

 

う”ぇる
う”ぇる

人間関係で理不尽なこともたくさんあると思います。う”ぇる氏それを実際に経験した1人です。

  • 勤務は辛い。
  • 人間関係で悩む。
  • 給料の不満。
  • 残業手当がでない。

言い出したらキリがないでしょう。

こんな精神的辛い状態で仕事を続けていても自分の身体が持ちません。

こんなに看護師の仕事が辛いのであれば全く違う職種の方がいいと考える人も多いでしょう。

それも選択肢の1つだと思います。

しかし、考えてみてください。看護師になった人は必ず専門学校や大学をでて、辛い実習やテストを乗り越え、最終的に国家試験に合格し看護のプロとして働くこと決めたはずです。

それでも理想と現実のギャップにてついていけず転職を考える人も多いでしょう。

  • 病院などの職場を変える。
  • もしくは何か違う形として看護師として携わっていく。

看護師という職業は病院や施設で働くだけではありません。

さまざまあるのです。

そして、どんな形であれ看護師は辞めてほしくない。

っていうのがう”ぇる氏の率直な意見でもあります。

う”ぇる氏もそうでしたが、転職というのは大きな決断でもあります。

自分の人生の大きく左右することになるかもれません。

その中で転職サイトというのは、看護師の転職を扱った経験豊富なコンサルタントも相談に乗ってくれることもメリットではあると思います。

一人で悩むよりプロのコンサルタントに話を聞いてもらうだけでも悩みの解消に向かうかもしれません。

う”ぇる
う”ぇる

そこでう”ぇる氏の看護師というプロの仕事を辞めてほしくないという気持ちから転職サイトについて調べてみました。

う”ぇる氏自身転職サイト利用した1人であるため、利用した経験をもとに伝えみなさんの少しでも役にと思います。

 

まず、看護師の転職サイトを調べたところ約80社はありそうです。

もしかしたらもっとあるかもしれません。

すべて見たわけではありませんが、無料で登録できる転職サイトがほとんどです。

しかし、その中から自分に合った転職サイトを探すのは時間もかかり至難です。

 

良い転職サイトの条件とは

  • 厚生労働省認可
  • 希望にあった案件数
  • 見学や面接の段取り
  • 履歴書のサポート
  • 転職コンサルタントの同行
  • 転職条件の交渉(勤務時間、休み、給料)
  • 入職後のフォロー

が、あげられるのではないでしょうか。

う”ぇる氏も転職サイトを利用したときに最低限ここまではやってくれました。

その他にも悩みや不満を聞いてもらったのを覚えています。

とは言っても自分の希望にあった案件条件がなければ何の意味もありません。

 

う”ぇる
う”ぇる

いかに自分の条件を満たす転職案件をもっているかが肝になってくると思います

 

もちろん転職サイトの案件が少なければ、自分の条件をみたす転職案件にあたる確率は低くなる可能性もあります。

せっかく登録しても意味がありません。

看護師の転職案件には公開求人非公開求人というものがあります。

何のために非公開求人というものがあるのか疑問に思っていました。

なのでこれも調べてみました。

公開求人・非公開求人について

公開求人

  • 病院サイトで募集している
  • ハローワークなどで募集している
  • 広告で募集している

など一般公開される

非公開求人

  • 転職エージェントのみに依頼される案件
  • 自分では見つけることが困難

一般に出回らない。

公開求人よりも非公開求人のほうが圧倒的に条件がよいとされているそうです。

そのため公開をしてしまうと応募が殺到してしまうため応募を絞るという目的もあるそうです。

 

う”ぇる
う”ぇる

そう考えると非公開求人の案件をたくさん持っている転職サイトを選ぶのが1つの条件にもなってきそうですね。

 

逆を考えると非公開求人をたくさんもっている転職サイトは、病院側も転職エージェントに信頼して依頼するわけですからそれなりに実績をだしているエージェントとなることがわかります。

非公開求人をたくさん持っているサイトは、自分にあった転職ができる可能性も高くなり、病院側からしても信頼性がある転職サイトと言うことになりそうです。

ただ、管理職を募集していたり、あまり公にできないようなブラック求人である場合もあるそうなので注意が必要です。

これは転職サイト側の担当者に確認して回避していく必要がありそうですね。

確かにう”ぇる氏も転職サイトで求人を探しているときに公開求人よりも非公開求人の方が条件が良かったり、気になる病院が多かったのを調べながら思い出しました。

それなりに人気のある病院でもあるため、公にはあまり出さないんでしょうね。

そういった非公開求人の病院などにも着目してサイト側に聞くのも1つのポイントになりそうです。

う”ぇる氏が担当だった人はオススメしない病院であればハッキリ言ってくれてたので担当者にも恵まれたのかもしれません。

そしていざ、調べてみると、どの転職サイトがいいのか迷いますよね。

ググっても1位とされている転職サイトが他のサイトだと違っていたりしています。

これだと迷いそうです。

う”ぇる氏も80社以上あるだろ転職サイトうぃ1つずつ調べるのは困難です。

転職サイト側も本当の情報を載せているかなんてわからなですからね。

なので数あるサイトで総合的にランキングされている転職サイトを更に調べシンプルに3つランキングにしう”ぇる氏が個人的に気になった転職サイトをご紹介したいと思います。

 

う”ぇる
う”ぇる

非公開求人が多いサイトも載せたいのですが、調べてみると「非公開求人多数」と掲載しているサイトも多くハッキリした数字を書いている転職サイトは少なかったです。

 

う”ぇる氏も気になっているところではあるので少し載せておきます。

非公開求人数

・ナースジョブ
  • 全体求人数:約10000件
  • 非公開求人数推定:約6.800件
  • 全体求人数の70%が非公開求人
・マイナビ看護師 
  • 全体求人数:約40.000件
  • 非公開求人数推定:約16.000件
  • 全体求人数の40%が非公開求人
・医療Worker   
  • 全体求人数:約90.000件
  • 非公開求人数推定:約26.000件
  • 全体求人数の29%が非公開求人
スーパーナース
  • 全体求人数の60%が非公開求人
全部ではありませんが調べてみてこのような結果になりました。
ナースジョブに関しては非公開求人は多そうですね。
そして、「非公開求人多数」と載せ数字までは書かれていませんが、看護のお仕事、ナース人材バンク、看護rooは相当非公開求人も持っているようです。
同時に公開求人数も一緒に載せたいと思います。
う”ぇる
う”ぇる

公開求人数を調べた結果下記の通りになりました。

公開求人数

・医療Worker      公開求人数 約64.000件
・看護のお仕事    公開求人数 約60.000件
看護roo     公開求人数 約50.000件
・マイナビ看護師   公開求人数 約20.000件
・ナースパワー    公開求人数 約25.000件
・ナース人材バンク  公開求人数 約17.000件
・ナースではたらこ  公開求人数 約11.000件
・ナースジョブ    公開求人数 約10.000件
上記の転職サイトはどれも耳にしたことがあるサイトではないでしょうか。
やはり耳にしたことがあるだけ、求人数も多く利用者も多いです。
しかし、どのサイトの口コミを見てもいい良いことだけではなさそうです。
先ほども載せたように、電話がしつこかったり、担当者にあたり外れがあったりというのはどこのサイトの口コミが書かれていました。
ここで注意して頂きたい点が1つあります。
「事業者数」で書かれているサイトもあるということです。
「事業者数」と「求人数」は別物です。
事業者数は病院や施設などの医療機関の情報も載せているということであり、求人数が多く感じてしまいますが、実際には違うので注意してください。
ナースではたらこでは医療機関情報が100.000件以上ではありますが公開求人数は11.000件ほどなので登録する際はよく見てからしたほうがよさそうです。

非公開求人、公開求人や口コミなど総合的に調べた結果

1位 看護roo

看護師求人

2位 看護のお仕事


3位 医療Worker



という結果になりそうです。
転職サイトに迷ったときには、この上位を3つを検討してもよいと思います。

転職サイト後の注意点

いざ、転職サイトに登録すると結構頻回に電話がかかってくることも多いそうです。
これは担当した人にもよると思いますが、決まるまでしつこく電話をかけてきたり、無理やり押し付けくるケースもあるそうです。
中に転職後もかかってくるケースも。
さすがにこれだと嫌になりますね。
希望条件、転職時期、連絡方法や連絡時間など細かく条件を出すことも必要になるかもしれません。
あまりにもしつこい場合は直接転職サイトに連絡して担当者の変更も考えた方がよさそうです
う”ぇる
う”ぇる

いくら転職サイトで紹介してもらっても最終的に働くのは自分自身です。紹介してもらったけどやっぱり合わなかったとなったら身も蓋もありません。必ず失敗しないように担当になった人には細かい条件と自分の足で見学に行って肌で感じてくることは必須になると思います。

そして転職サイトは1つだけに限定もしなくてよいと思います。
(無料だし)登録しすぎは自分にも負担がかかってしまうと思うのでお勧めはしませんが。
自分に合ったサイトが別にあるかもしれませんので、吟味して探していきましょう。
少しでもこの記事がお役に立てることを祈っています。
もし転職に悩んだらこの記事も参考にして頂ければと思います。

私のオススメ転職サイト

ここでう゛ぇる氏がオススメしたい転職サイトをご紹介したいと思います。

1つは総合的に評価しても1位だった看護roo。

ゔぇる氏自身が調べていても評判は良く、他をサイトを見ても全体的な総合評価も⭐️4.1〜4.5と高かったです。

そして利用した人の満足もとしても高いです。

また独自のアプリもあり役立つ情報もあるため、ゔぇる氏自身もオススメしたいサイトの1つとなります。ちなみに、ゔぇる氏も使っています。

転職サイト総合ランキング第1位「看護roo」

う”ぇる
う”ぇる

看護roo看護師だけではなく看護学生向けのサイトでもあります。無料の動画やマンガなどのコンテンツもあり多くの人が利用する人気のサイトでもあります。

 

看護rooは首都圏・都市部の求人を多く扱っているサイトで公開求人数50.000件以上で非公開求人も多数あります。他のサイトを見ても総合評価⭐️4.1〜4.5と高評価。

 

「看護roo」の特徴4点

  • 初めの転職する人でもサポートがあつい
  • 求人数も多いため条件にあった求人が見つかりやすい
  • 高給料の求人も多い
  • 事業所は東京、大阪、名古屋、神戸、新横浜オフィスと大都市

が、看護rooの特徴になります。

求人数も多いことや都市部にオフィスがある分幅広く扱っている印象です。

 

「看護roo」オススメな人

  • 都市部で働きたい人
  • 大学病院から急性期病院、介護施設などの転職を考えている人
  • 経験やスキルに自信がないないけど転職したい人
  • 日勤のみの勤務を探している
  • 面接に不安がある

このように考えている人はオススメです。

 

「看護roo」のメリット

  • 希望に合う求人が見つかる可能性が高い
  • 病院や施設といった内部事情にも詳しい
  • 履歴書や面接に関する事も丁寧

 

う”ぇる
う”ぇる

病院や施設の内部事情に詳しいってスゴイですよね。人間関係で転職を考える人も多いのでこの情報詳しかったら、どれだけ助かることか。

 

求人票には載せていませんが内部事情や雰囲気、人間関係や看護師の様子なども把握しいるため、内部まで詳しいサイトといえるでしょう。

 

どん転職サイトもそうですが、必ずデメリットというのもあります。

「看護roo」のデメリット

  • 首都圏・都市部の強い分、地方の求人にバラつきがある
  • アドバイザーのアタリ、ハズレがありレスポンスにムラがある
  • 電話連絡がしつこい

が、あげられています。

やっぱり、アドバイザーのアタリ、ハズレや電話がしつこいというのはどのサイトも口コミにあげられていますね。

こればっかりは担当アドバイザーを変更してもらったり、いくつか転職サイトに登録して自分にあったアドバイザーを探すにも方法かもしれません。

今後の人生に関わってくることなので妥協はしない方がよいです。

しかし、調べていくうちに看護rooは「転職サイト総合ランキング1位」ということだけのことはありました。

 

・豊富な求人数

看護rooは公開、非公開求人を合わせても求人数は豊富です。47都道府県すべての求人が掲載されています。多くの求人から病院や施設を探すことができるので理想の職場を見つけられる。多ければ自分の条件にあった病院や施設を選択しやすくなるのも良いところです。求人は担当者が探してくれるんので自分で探す手間もはぶけますね。

・サポートが手厚い

看護rooは経験が浅くスキルに自信がない人。職場からブランクがある人や一年目看護師でも手厚くサポートしてくれるのも特徴です。面接や履歴書の添削もしてくれ、自分に優位にたてるようサポートしてくれ本番に臨めます。希望すれば面接に同行してもらうことも可能ですし、自分でも聞きづらい質問も聞いてもらうことも可能です。

この2つは口コミをみても看護rooは圧倒的に強いです。

安心も得られるのでこれが人気の秘密かもしれません。

「看護roo」の人気の秘密

 

そしてまだ看護rooには人気の秘密があります。それは記事の最初の方でもあげたように看護師だけではなく看護学生に向けたコンテンツもあるからです。

う”ぇる氏もナスカレというアプリをダウンロードしてシフトや会議などのスケジュールを入力したり共有したりしています。

 

看護師コンテンツ

☑看護技術の動画数296本 現場で使える技術の解説動画を無料で公開している

☑現場で使える看護知識。

☑看護師のための専門用語辞典

 

看護学生向けコンテンツ

☑お悩み掲示板

☑看護国家試験特集

 

その他にもマンガ・おみくじ、ライフスタイル・クイズ・イラストと数多く無料で利用することが出来ます。この「転職サイト看護roo」を登録しておくだけでも看護学生から看護師まで役立つ情報が満載です。

 

「看護roo」のまとめ

看護師の転職サイトはメリットもあればデメリットもあります。自分の条件に合っているサイトもあれば合っていないサイトもあります。転職サイトは質の悪いアドバイザーにあたり自分条件にあった転職ができない可能性もあります。自分の条件を細かく設定しアドバイザーに流されないように注意が必要です。そのため看護師転職サイトはいくつか登録しておくのも良いのかもしれません。あまり多いと自分でも、さばき切れずに鳴りやまない電話になってしまう可能性もあるので十分に注意しましょう。

看護roo!

う”ぇる
う”ぇる

転職を考えている人は「看護roo」は必須と考えてよいかもしれません。下のリンクは転職サイト「看護roo」を更に詳しく説明しています。

ぜひ参考にして下さい。

 

転職サイト総合ランキング第2位「看護のお仕事」

転職サイト1位は「看護roo!」とさせてもらいましたが、

ほぼ同順位といってもよいほどの人気がある転職サイトが「看護のお仕事」です。

転職サイトを調べれると必ず出てくるのが「看護のお仕事」です。そのぐらい人気があるサイトといって間違いはないでしょう。

そこで今回は転職サイト「看護のお仕事」を調べてみました。

実は「看護のお仕事」では

👑✨サービス満足度NO1

👑✨アドバイザーの対応満足度NO1

👑✨友達に進めたいランキングNO1

 三冠を達成しています。

全国各地に支店があるため全国どこからでもサポートが可能で24時間電話対応も可能です。

転職サイト「看護のお仕事」では全国13万件以上の病院情報を保有しています。数ある転職サイトでも情報量としては最大級と言えます。

そのため、利用した人には多彩な提案が可能となってくるのではないでしょうか。

非公開求人(好条件求人)も保有していますが、人気求人でもあるため登録者限定の紹介にはなります。

そして「看護のお仕事」は看護職に特化した転職エージェントではありますが、助産師や保健師の求人も取り扱っています。

う”ぇる
う”ぇる

調べてみると病院の口コミ情報も確認することができる。

 

「看護のお仕事」の特徴5点

 

  • 求人リクエスト機能
  • 病院との交渉のおまかせ
  • 地域密着型サービス
  • 転職後のご相談も可能
  • 看護師の仕事に合わせて24時間電話対応可能

が、看護のお仕事の特徴になります。

 

「看護のお仕事」オススメな人

 

  • とにかく手厚いサポート受けたい
  • 他の転職サイトでは求人数が物足りないと感じる人
  • パート、アルバイト、派遣求人を探したい人

このように考えている人はオススメです。

こういった人のニーズの合わせた働き方も考えてくれています。

「看護のお仕事」のメリット

 

  • 13万件という病院情報の保有があるため見つかる可能性が高い
  • 担当アドバイザーのサポートが手厚い
  • 病院先の内部事情にも詳しい
  • 福利厚生、給与、休日などの条件交渉

がメリットとなります。

 

「看護のお仕事」のデメリット

 

1つ言えるのがどの転職サイトを調べてもメリット、デメリットがあります。

 

  • 担当アドバイザーによって合わない場合がある
  • 担当者からの電話がしつこい場合がある

 

「看護のお仕事」でも、どの転職サイトでも良い口コミ、悪い口コミはあります。口コミは信頼性が高いものや情報源になることも多いです。

参考にするのも1つの方法と言えるでしょう。

「看護のお仕事」の人気の秘密、ハテナース

 

う”ぇる
う”ぇる

「看護のお仕事」ではハテナースという看護技術QAサイトがあって、内科、外科はもちろんのこと。精神科、小児科、透析などそれぞれのQAが準備されているから解決にもなる。

 

新人看護師~ベテラン看護師まで幅広く利用できるし基礎的なものから応用まで疑問に思ったことを投稿しアドバイスを受けることも可能になっています。

回答もわかりやすく、利用者の多くは新人看護師ですが、復職したばかりで自身がない、2年、3年とたったけど知識に自信がないという看護師も質問はしているそうです。

そして看護師からの質問者数は1300件を超えている。とのことで、これだけ相談している人が多ければ自分からも相談はしやすくなりますね。

「看護のお仕事」のまとめ

「看護のお仕事」の特徴はなんといっても求人の多さだと思います。例え求人がなくても担当者から直接交渉をしてくれることはとても、心強いことだと思います。そして各地域に担当者が設置されており地域の精通していることです。交通機関や近隣の環境状況など転職を考える中で必要な情報が得られることも多いかもしれません。「看護のお仕事」だけでなく、他の看護師の転職サイトはメリットもあればデメリットもあります。自分の条件に合っているサイトもあれば合っていないサイトもあります。転職サイトは質の悪いアドバイザーにあたり自分条件にあった転職ができない可能性もあります。自分の条件を細かく設定しコンサルタントに流されないように注意が必要です。他の転職サイトを併用するもの良いですが、ランキングでも高い「看護のお仕事」を登録しておいて損はないでしょう。無料で簡単に登録することができます。


 

う”ぇる
う”ぇる

転職サイトの中でも「看護のお仕事」は1位.2位を争うくらい人気のサイトです。

更に詳しく説明しています。

ぜひ参考にして下さい。

 

 

 

転職サイト総合ランキング3位「医療WORKER」

続いて「医療WORKER」について記事にしました。

転職サイト1位「看護roo!」2位「看護のお仕事」とさせてもらいましたが、

もう1つが3位でもある転職サイト「医療WORKER」です。

「医療WORKER」では求人総数約90.000件 非公開求人数26.000件を保有しています。

看護職専門の転職サイトで看護師、准看護師、保健師、助産師を扱い病院の他、クリニックや施設などの求人も扱っています。

基本的に求人は全国的に取り扱いしていますが、東京、神奈川、大阪、兵庫、愛知など首都圏、関西、東海に集中しています。

そして、転職実績数30.000件以上、ご利用満足度97%。楽天リサーチ2015~2018年、20代~50代看護師から4年連続指示率No1となっています。

医療WORKERがNo1を獲得した項目

 👑✨応募したい求人の多さ

 👑✨誠実性

 👑✨支持率

 👑✨満足度

 👑✨対応力

 👑✨使いたいサイト

 👑✨口コミで紹介したいサイト

となっているため信頼性も高いサイトといえるのでしょう。

「医療WORKER」の他者との違い

 

「医療WORKER」は長年の人材紹介で培った各病院や施設との信頼関係を持っています。

また求職者とミスマッチを防ぐために、一元管理という1人のアドバイザーが求職者、法人側の双方を担当する方式や事前に面談を行ったうえで求人を紹介する方式をとっています。

 

う”ぇる
う”ぇる

「医療WORKER」に限らずこの方式はどこのサイトもやっているかな・・・

 

「医療WORKER」では転職希望者により良い転職を叶えるために看護師コラムやコンテンツの情報発信をしています。

  • 看護師コラム
  • 夜勤バイトコラム
  • 助産師コラム
  • 再就職手当について
  • 履歴書&職務経歴の書き方
  • 看護師の悩み
  • 退職時のポイント
  • 年収査定サービス
  • 看護師さんの為のハローワーク
  • 看護師さんのための求人ランキングなど

さまざまあります。転職時に役立つコラムやコンテンツを無料で閲覧することができるので転職前や活動中に活かすことができますので必見です。

「医療WORKER」の特徴

  • 雇用形態に幅広く対応
  • 講習を受けたアドバイザーからのサポート
  • 応援看護師という働き方

が、「医療WORKER」の特徴になります。

 

「医療WORKER」のメリット

 

  • 看護師求人数も最大級
  • 「医療WORKER」だけの非公開求人
  • 看護師専門のアドバイザーによる無料サポート

が「医療WORKER」のメリットとなります。

 

「医療WORKER」のデメリット

 

  • 担当アドバイザーが不適切
  • 担当者からの連絡がしつこい
  • 求人に応募した後に連絡がこない

が「医療WORKER」のデメリットとなります。

「医療RORKER」のまとめ

「医療WORKER」の特徴は求人の多さもありますが、転職時に役立つコラムやコンテンツの情報発信。また応援看護師という制度もあり、高給与のうえ個人寮の完備、交通費支給などサポート体制が整っています。リゾート地、離島などバカンスを楽しみたい人にもオススメです。「医療WORKER」だけでなく、他の看護師の転職サイトでも、メリットもあればデメリットもあります。特にどのサイトでも、担当者にアタリ、ハズレはあり、どんなに講習を受けているアドバイザーでも問題はでてきます。転職サイトは質の悪いアドバイザーにあたり自分条件にあった転職ができない可能性もあります。自分の条件を細かく設定しコンサルタントに流されないように注意が必要です。自分の条件に合っているサイトもあれば合っていないサイトもあります。他の転職サイトを併用するもの良いですが、無料ですしランキングでも高い「医療WORKER」を登録しておいて損はないでしょう。



う”ぇる
う”ぇる

「医療WORKER」は幅広い年齢層からの指示がある転職サイトでもあります。

下のリンクは更に詳しく説明しています。

ぜひ参考にして下さい。

 

個人的にオススメしたいサイト「ナースパワー」

 

う”ぇる
う”ぇる

もう1つが調べているうちに気になる転職サイトを見つけ調べてみました。

それはCMでもおなじみの「ナースパワー」です。

看護師の仕事は病院や施設になど組織の中で縛られて仕事をすることが多いです。

看護師の仕事は好きだけど、病院という組織にどっぷりはまりたくない。

気軽に働きたい。

でも高収入は得たい。

いろいろな地方に行ってみたい。

看護師という仕事にもいろいろあると実感できるサイトです。

 

「ナースパワー」の特徴

  • ナースパワーは公開求人件数は約25.000件で非公開求人がない
  • 非公開求人として載せているのは「応援ナースの300件」のみ
  • 創業35年がたち登録者数100.000人、全国15拠点
  • 熊本、福岡、岡山、沖縄など九州・中国地方の求人が他のサイトと比べてダントツ

 

先ほど、非公開求人を多く持っているサイトは「信頼性がある」と書きました。非公開求人数が多ければ自分にあった転職先を見つけられる可能性もあることも確かだと思います。

しかし、ここで少し気になったのが本当に非公開求人数をその数だけもっているのか。ということです。

う”ぇる
う”ぇる

これを調べてみるとサイト登録の関心を引くために取り扱っていない非公開求人を載せるケースがあるということが解りました。

これを考えると、ある意味「非公開求人」に振り回されない。ということにもなります。

ナースパワーは逆をついた発想でもあると思いました。

そしてナースパワーの魅力としては正職員やパートだけでなく派遣求人の多く扱っています。

「ナースパワー」のオススメな人

  • 九州・中国地方・沖縄・離島の転職を考えている
  • 派遣ナースを考えている
  • 留学ナースを考えている
  • 独自の勤務形態「応援ナース」を考えている

正職員で働くとそこの人間関係や残業なんど悩まされることもありますが、派遣の場合はその時、その時で場所を変わることもあるので、人間関係などに悩まされたくない人にはオススメかもしれません。

 

う”ぇる
う”ぇる

ナースパワーもう1つ特徴なのが独自の勤務形態でもある「応援ナース」です。う゛ぇる氏も大変これには興味があり。

 

「応援ナース」は6ヶ月の期限付きではありますが、北は北海道、南は沖縄、離島まであります。

応援ナースのメリット

 

  • 短期間で高収入
  • 引っ越し費用の支給
  • 面接不要、書類審査のみ
  • 家電付きアパートの完備

 

しかし「応援ナース」も条件はありそうです

  • 人手が足りなり勤務地になる
  • 常勤勤務
  • 即戦力
  • 病院勤務1年以上

応援ナースのデメリット

 

  • 賞与や退職金がない
  • 社会的信用(保険関係やクレジットが組めない)
  • 職場に慣れまでの時間が必要。
  • 帰りの引っ越し費用は自己負担(新しい赴任先があれば別)

といった事があげられます。

「ナースパワー」のまとめ

「ナースパワー」は全国に先駆けしてきた看護師専門の転職サイトで非公開求人のないサイトです。どの病院も転職サイトと契約しているわけですから、看護師が欲しいというのは実情だと思います。しかし現実問題、求人を出しているので看護師が集まらない病院も多数あります。この看護師という職業は人との関わりです。病院スタッフ、患者など、人としか関わりません。それが故に悩みストレスとなって看護師を辞めたいという人も多いです。自分なりのワークライフバランスを考えるためにも独自で行なっている「応援ナース」は救いになるかもしれません。これからの注目を浴びる制度になってくるかもしれません。先ほども書いたようにどこの病院も看護師は欲しいのです。働く病院はあります。「応援ナース」と利用して今後の自分の人生も考えていくことも良いのかもしれません。



う”ぇる
う”ぇる

「ナースパワー」は個人的にオススメてしたいサイトです。

どうしても病院や施設に定着しなくてはいけないと考えがちに

なってしまいますが、派遣を通して自分あった場所を考えるのも

決して悪いことではありまえん。

下のリンクは詳しく説明しています。

ぜひ参考にして下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました